「​和」の再提案。

古いものと新しいもの。

​とってもすてきな出会い。

​相性が良いってことは、モノが勝手に教えてくれる。

あまり見慣れなかった風景も馴染んで見える。

リノベーションしなくても、インテリア次第で新しく生まれ変わったようなプロモーション。

「和の家には、和の家具。」という考えは、もう古い。​

ライフスタイルをずっと提案してきたからこそ、商品の馴染む場所を私たちは知っている。

空間を創造することを続けます。

​モノの先に見える、ヒトを想像しながら。

PRODUCE     藤本 圭

PHOTO       中島 悟